美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

コラム

失敗しない美容外科、美容皮膚科の選び方~悪質美容外科の体験から学ぶ①~

投稿日:

悪徳美容外科
美容整形をする前に、まずは美容外科を雑誌やホームページで検索し、良さそうなクリニックを探すことから始めるわけですが、数年前より始まった美容整形ブームという事で、美容外科クリニックが沢山ありすぎ、実際にどこに受診したらいいか迷いますよね。美容クリニックの数が多い分、あまり評判の良くない悪質な美容外科も実在します。この美容整形ブームに乗っ取って沢山お金を稼ごうというクリニックが実際増えており、医師の腕の悪さはもちろんの事、高額な医療費を請求されたり、無駄な治療をやらされたりっというケースもあります。
しかし、実際に行ってみないとわからないという場合もあり、媒体を見ているだけでは悪質かどうかわかりません。しかし、その美容外科に行って、最初の段階で悪質さを感じ取る事が殆どです。
 
実際に私は、過去数件程、悪質、悪徳な美容外科に遭遇しました。そこでどんな悪質さを受けたか、このブログで数回に分けて記しておこうと思います。こんな手口が行われていたんだぁっと皆さんに知って頂けたら幸いです。
 

契約書を無理やり書かせる悪質美容外科 Aクリニック

悪徳美容外科
今から約12年前、二重まぶたに憧れていた私は、二重埋没法をするために美容外科を探していました。そしたらファッション雑誌の後ろのページに記載されていた広告が目に留まりました。そこにはこう書かれていました。

  • 芸能プロダクションと提携
  • あの有名人、モデルも来院
  • 二重まぶた専門

芸能人も沢山きていて、しかも私の気になっている二重まぶたを専門としている美容外科。当時二重埋没法がとてもブームでしたので、この「二重まぶた専門」という言葉に惹かれ、カウンセリングに行くことにしました。
 

なれなれしい対応

院内は普通のシンプルなかんじ。私の他に患者さんが5,6人待合にいました。
名前を呼ばれ、医師と看護師(?)の三人でカウンセリングが始まりましたが、経験豊富、豊富な症例数とあったので、てっきり中年あたりの医師かと思っていましたが、かなり若い先生でびっくりしたのを覚えています。20代後半っという感じ。
そして次に驚いたのが、いきなり「ちゃん」呼ばわり。
 
「マリア(管理人)ちゃんはぁ、どんな目にしたいのかなぁぁ??」
と、なで声。
 
カウンセリングルームには、当時人気絶頂だった浜崎あゆみさんのポスターや雑誌の切り抜きが置いてあり、
「こんなあゆみたいな目にするぅ?」と聞かれました。
 

ありえない高額見積もり

そして二重瞼のシュミレーションが始まりました。なりたい二重の幅を確認しただけで、特に手法についての説明や、メリット、デメリット、副作用、アフターケアなどの基本的な話は無し。シュミレーションの後は金額の話でした。
 
私の場合、特に脂肪が分厚いわけでは無いので通常の2点留めの埋没法でOK。麻酔の注射が痛いので、麻酔テープを使用してから行いましょうと言われました。そして見積もりがこちら。

二重埋没法 両目 70万円
麻酔テープ 2枚 20万円

当時、二重埋没法の相場が両目で8万から13万程の時代。その時代にトータル90万円ってありえなくないですか?しかもまだ10代の子にこの金額を払えと??
 
そして医師は直ぐに予約を取ろうとして自分のカレンダーを持ってきました。
どうもこの先生は、ここの美容外科で勤務する日が、週に一回程のようで、自分の勤務日に合わせて予約して欲しいとの事。あれよと間に話が進んでしまい、流れのままとりあえず予約を抑えました。
金額が高くて無理っと言いましたが、その事は心配ないからねっとなだめられ、一緒にいた看護師だかカウンセラーだかわからないスタッフと隣の部屋に行くように言われました。
 

契約するまで帰らせてくれない

スタッフの方に別室に連れていかれ、そこでいきなり契約書とペンを渡され、有無を言わせずいきなり書かせようとしてきました。
再度、高くて支払えないから無理っと言いましたが、月々1万円から支払えるローンがあるから大丈夫と言われました。
しかし私はまだ十代。親の許可が無いとローンは難しいです。ですからその事を伝えたのですが、そんなの誰か知り合いに親の振りして書いてもらえば良いよっと言われ、何としてでも今書かせようと必死です。
 
断っても断っても、なかなか帰らせてもらえず、早く帰りたかったので嘘の内容をローンの紙に書いて、逃げるようにしてやっと病院を後にしました。
もちろん電話で予約のキャンセルをし、契約もしない旨を述べ一件落着。
あんな悪質な美容外科なのに、どうして私の他に患者がいたのでしょうか。今でも不思議でなりません。
 

知人も同じクリニックで被害に

実は私の知り合いが二人、ここのクリニックで最悪な状態にさせられてしまいました。今から9年前の話です。
 

二重埋没法で眼球に傷

知人はここと同じ美容外科で埋没法の三点止めをしました。
手術の翌日に彼女と会ったのですが、なんだかずっと目が痛くて開けにくいと訴えていました。彼女は埋没法を行うのがこれで二回目だったのですが(一回目は他院で)、明らかに一回目の埋没法と違う感覚っと言ってました。
そして日数が経てばたつほど目元が腫れ上がってしまい、まぶたが真っ赤、そして眼球も赤くなり、目やにも沢山ついていました。
なので彼女はそこのクリニックに行って検診をしてもらったのですが、なんと糸が瞼の裏から出ており、その糸が眼球を擦ってしまっている状態だったのです。なので急きょ糸を外してもらったそうです。返金は一切なかったようです。
 
しかし、糸を取ってもらったのにまだ目に違和感があったそうで、今度は眼科に行って診てもらったところ、糸の断片が数本残っていると。瞼の裏にも出てきているので、眼球が傷だらけになっていると言われ、そこの眼科でキレイに糸を除去してもらいました。
 
彼女は今回の埋没法で60万円支払ったそうですが、二重にはならないどころか、眼球を傷つけ、更に痛い思いをし、仕事まで休んでしまうという結果になった訳です。
 

ほくろ除去が80万円

これはエステサロン勤務時のお客様からきいた実体験です。
この方は頬の小さなほくろが気になっており、取ってもらおうと受診されました。
たかが小さなほくろなのに、なんと見積もりは80万円。私みたいに、直ぐスタッフから契約するよう迫られたそうです。
その方は結構気が強い方だったので、きっぱりお断りをして事なきを得たそうです。
 

 
以上、悪質な美容外科、Aクリニックの被害のまとめでした。
明らかに高い金額の請求、そして、今すぐ手術を迫るクリニックには要注意っという事ですね。
 
以前のブログで、その美容外科は大丈夫?信頼できる美容クリニックの選び方という記事を書きましたので、是非美容外科、美容皮膚科選びの参考にしてみてください。
 
他にも悪質美容クリニックに遭遇しましたので、また後日記事にしたいと思います。

-コラム
-

Copyright© 美容の極み , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.