美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

日焼け止め

正しい日焼け止めの知識

更新日:

昔に比べ紫外線が強くなっている現在、日焼け止めは季節問わず使用すべきというのが常識になってきています。夏だけではなく冬でも日焼け止めを基礎化粧品の様に購入する方が増えてきています。それだけ欠かせないスキンケアアイテムとなっています。だからこそしっかりと日焼け止めの知識を身に付けて、正しい日焼け止め選びをしていただきたいです。今日はそんな日焼け止めの数値と塗る量の関係について記事を書きたいと思います。

日焼け止めの定義

日焼け止めには、PA、SPFのそれぞれの数値がかかれていますね。

PAとは紫外線A波の防御指数の事でサンタンの予防目安になります。
サンタンとは、A波が真皮にまで達し、皮膚細胞を傷つけ、その結果皮膚細胞を紫外線から守ろうとして真皮にあるメラノサイトという色素細胞がメラニン色素を大量に生成し、皮膚が褐色になる事をいいます。

一方SPFとは紫外線B波の防御指数の事でサンバーンの予防目安になります。
サンバーンとは表皮を透過するのですが、このとき真皮の毛細血管を刺激して炎症反応をおこします。そのとき、毛細血管の血流が増えて、皮膚が赤くなってしまいます。サンバーンになると皮膚細胞は傷つき、ヒリヒリとした痛みをともなうこともあります。

と、それぞれ定義してあるのですが、しかし、あまりにもこの数値を信用しないで頂きたいのです。

日焼け止めの数値の実態

日焼け止めのSPFの数字をだすための実験がどのように行われているかご存知ですか?
人間の肌に1㎝×1㎝あたり、2.0mlの日焼け止めを塗って紫外線をあててその変化をみるのです。しかしこの量、かなり多いのです。顔が真っ白でドベドベの状態になる程なのです。肌の色が隠れてしまった~くらいの量です。そんな量、皆さん普段塗りますか?塗らないですよね。そんな塗り方でSPFテストされても困りますよね。

ということは、べたぬりすればその数値通りかもしれないけど、普段私たちがぬる分にはもうちょっとSPF値が下がっている、そういう事です。だから私は日焼け止めの数値は信用していないのです。だからこそ、日焼け止めの上に日焼け止め効果のあるファンデーションやパウダーを重ねたり、日傘と帽子でしっかりと防御するのが一番なのです。

ちなみにこのテストの方法は規定のやり方なのでどのメーカーもこの量でテストしているんですよ。

日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めの知識を説明しています。

 
こういった事から、日焼け止めはたっぷりと手にとって叩くように馴染ませていくのが正しい塗り方なんです。ぽんぽんっと少しずつ塗り広げては日焼け止めをまた手に取り・・・の繰り返しです。特に鼻、頬骨あたりは焼けやすいので更に塗り重ねます。

私の周りで、SPF50、PA++++以上の強力日焼け止めで有名なア○ーやア○ッサなどを使用しているにも関わらず「普通に焼けました」という人が多いです。汗などで流れてしまったというのもあると思いますが、やはり塗り方の問題なんだと思います。

しかし前述したように、あまりにたっぷり塗るのは不快感があるだけですので、なのでサンスクリーン剤はあくまでも「サブ」的な位置づけにするべきです。メインは日傘、帽子、と思って下さい。
あとはVC、トラネキサム酸内服による体内からの美白ケアと化粧品による外側からの美白ケア、あと大事な事がもう一つ。やはりお家に引きこもる、或いは夕方に行動する。それが一番です。

-日焼け止め
-, ,

Copyright© 美容の極み , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.