美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

老人性血管腫

赤い黒子のようなプチプチ、老人性血管腫を除去してきました

更新日:

今年の夏は自分の美容にかなり時間と費用を費やしております。年齢的な事も考えて、少しでも肌老化を遅らせるために、日々使う化粧品、サプリメントはもちろんの事、美容医療の力も借りて頑張って抗老化中。
さて、一週間前に10年以上通っている美容外科へ行ってきました。今回行ったのは赤い黒子のように見える、赤いプチプチのレーザー治療です。

老人性血管腫の写真

これを、老人性血管腫と言います。

老人性血管腫とは

黒い点となって現れる黒子とは異なり、皮膚内の毛細血管の拡張、増殖によって赤い斑点のように現れるのが老人性血管腫です。紫外線の影響を受けやすい顔や首、背中、デコルテなどに出来やすいのですが、摩擦などの刺激などが原因となって出現する場合もあります。
老人性という名前から高齢者に多い症状と思われがちですが、若い方も起こりやすい症状です。特に白人の方や女性になりやすく、また遺伝も関係しています。
 

老人性血管腫の治療方法

一つや二つある位でしたらそう気にならないのですが、気づくと体に沢山出来ている場合があり、美容面で悩まれる方も多くいらっしゃいます。化粧品やお薬ではよくならないので、医療機関を受診して取り除いてもらうと良いでしょう。
治療方法としましては、ドライアイスなどで凍結させる方法、レーザーによる方法、そして大きいものですと手術によって取り除く、などの方法があります。
 

レーザー治療で簡単に除去してきました

実は私、昔からずっと気になっており、過去2度程治療しました。しかしまたそれから他の個所にも血管腫が出来る様になり、薄着になる季節になってきたという事で受けに行ってきました。約直径二ミリほどの大きさでしたのでレーザー治療で除去してきました。

お部屋にはセルライトを潰すエンダモロジーが置いてありました。やりたい・・・・。

老人性血管腫を取ってきました

その隣には、今回使用するキュテラ社のレーザー機器が置いてあります。二つのハンドピースが付いておりますが、使用するのは手前のハンドピースです。

美容レーザーの写真

LP-YAGレーザーという、ロングパルスのレーザーを用います。
これはヘモグロビンに吸収されやすい波長のレーザーですので、毛細血管の拡張や血管腫の治療に有効です。皮膚の中層から深層にまで熱エネルギーを伝達することができるんですよ。

お肌を少し冷やしてからピッピっと二回程照射。骨の上だとチカっとした痛みと熱さが伝わりますが、他の個所は全然余裕です。
照射すると若干そこの個所が茶色くなり、かさぶたとなって剥がれます。その際にまだ色が残っている場合がありますので、その場合はまた照射を行う必要があります。

とりあえずまだ照射してから一週間しか経っておりませんが、経過の写真を載せておきます。

手の甲の人差し指の付け根部分

老人性血管腫

照射前


老人性血管腫

照射後 一週間経過


 

上腕

照射前

照射前


老人性血管腫

照射後 一週間経過


 

胸元

老人性血管腫

照射前


老人性血管腫

照射後 一週間経過


 

まだ赤いのが残っていますので、ちょっと中途半端な経過写真になってしまいすみません。
しかし、手の甲の老人性血管腫はかなり良くなっているのがわかると思います。

一つ千円でレーザー照射してくれるのでお値段的にも安価で助かっています。
デコルテ部分に赤いポチポチが沢山あると一気に老けて見えますから、5つ以上あるなぁと感じたら取りにいくと良いでしょう。また経過の写真をのせますね。

-老人性血管腫
-

Copyright© 美容の極み , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.