美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

ニキビ

ニキビ跡を作らせない、ニキビの上手な潰し方

更新日:

ニキビは潰しちゃいけない、触ってもいけないっと良く言われますが、適切な潰し方をすれば治りが格段に早くなりますし、跡も残りにくくなります。
しかし人間の手、指というのは思っている以上に汚れておりばい菌が多くついていて不潔。知識の無い素人のやり方でニキビを潰そうとすると、潰していい頃合いの判断や上手な潰し方が分からず、結局ニキビがより多きくなるという悪化の一途をたどります。しかしニキビ一つでわざわざクリニックで潰してもらうのは面倒ですよね。
 
そこで今日はニキビの治りを早める上手な潰し方をお教えします。ニキビ治療に力を注いでいる経験豊富な看護師さんから教わった潰し方です。以前このブログにてクリップを使ったニキビの潰し方をご紹介しましたが、今回の記事はクリップを使う前に知っておくと良い情報をまとめました。
 

潰していいニキビの見極め

ただ赤いだけ、ただ膨らんでいるだけではいくら刺激しても中から膿や芯といった物は何も出てきません。この場合、その潰そうとしている刺激により余計ニキビが悪化しますので、この段階では潰さない方が良いです。潰してもいいのは真ん中が白っぽく、膿や芯が見えている状態のニキビ。これは菌との闘いが一段落して残骸である膿が形成された状態の事を指します。
 

ニキビを潰す前のプレトリートメント

ニキビを潰す前に、ピーリング剤や角質柔軟剤、ディフェリンなどで角質をやわらかくしておくと老廃物が出やすくなり効果的です。これをやっておくと少しの刺激ですぐに芯が出てくるようになります。また、入浴後のふやけた状態のお肌も同じく芯が出やすい状態となっており効果的です。
潰す直前、必ずニキビと指、潰すのに使う道具などは消毒、または殺菌効果のあるハンドソープで洗浄し、清潔な状態にしておきましょう。
 

ニキビの潰し方

先のとがった針やツイザーなどでニキビの白い部分の皮膚をほんの少し刺します。皮に刺すだけですので注射のような痛みはありません。とても痛かった場合、それは刺しすぎのサインです。
このようにして老廃物が出る出口を作ったら周りを圧迫して膿や芯を押し出すわけですが、この押し出す方向というのがとても重要なポイントなんです。ついつい指で挟むように押し出してしまう方がいるのですが、それはNGです。
 

ニキビの絶対良くない潰し方

ニキビの良くない潰し方


 
ニキビを押し出す時は、必ずニキビに対して垂直に圧を加えるようにして下さい。
 
ニキビの正しい潰し方は垂直にがポイント

ニキビの正しい潰し方


 
この「垂直に」というのが一番大事な事です。
違う方向からニキビを押し出してしまうと、隣の毛穴や皮脂腺などの袋が壊れてしまい、複数個の毛穴が1つになってしまう事があり、凹んでクレーター状になってしまう確立が非常に高まってしまいます。
せっかくニキビを早く治したくて潰したのにクレーター状の跡が残ってしまったら元も子もありませんよね。必ず垂直に圧を加える事、これ忘れないで下さい。そういった意味で、指ではなくアクネプッシャーやクリップを使うと効果的なのです。
「これはでなさそう」と思ったらすぐ中止してください。あまり力を入れすぎてしまうとクレーターになったり余計ニキビが悪化します。
 

ニキビ圧出後のアフターケア

ニキビを押し出した後は、抗菌ローションやダラシンなどの抗生物質を塗っておきましょう。そして肌の再生を促す成長因子美容液や、活性酸素を除去するビタミンCなども効果的。そしてしっかり保湿することをお忘れなく。
 

-ニキビ
-

Copyright© 美容の極み , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.