美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

にきび治療

フラクショナルレーザー 肌をとるか、時間をとるか・・・。

更新日:

数日前、新人看護師さんの研修をかねて、久々にフラクショナルレーザー(ピクセルレーザー)を照射してもらいました。お出かけする用事があったので目立ちにくいフェイスラインのみに照射。本心としましてはお出かけするからこそ照射したくありませんでしたが・・・。

にきび跡にフラクショナルレーザーを照射しました。

照射後3日経過

 

照射した箇所から黄色い浸出液少し出るのでカリカリ状態になっています。おまけに髪の毛にくっつくので剥がす時に若干の痛みを伴います。もちろんお化粧は出来ません。出来たとしてもカサカサと乾燥しているので余計目立ってしまいます。しかしこの辛いダウンタイムを乗り越えればツルツル肌が待っている。

だいたい1週間くらいでツルンっとキレイになります。ダウンタイム中、なかなか人に見せられないお肌で我慢するか、または、そんな時間の無駄な事したくないから自力で肌トラブルを治すか、は、人それぞれです。

だいたいこのレーザーは5~6回を1クールとして行うところがほとんどです。4週間の間隔で6回やったとして24週間(168日)。そのうちダウンタイムが6週間(42日)。このように数値化して約6週間引きこもり生活だと仮定すると、確かに時間がもったいないですね。

レーザー照射して確実にトラブルが改善されればその6週間は惜しくはないと思います。しかし、自分が満足できるほどの効果はあるのかっと言ったらそれは何ともいえないのが現状です。

このレーザーを何度も照射している私ですが、毛穴が消えたという事は全くもって実感しておりません。肌質がツルっとはするし、ニキビもできにくくなったかな~~?ニキビ跡のクレーターも若干浅くなったかもっという実感はありますが、ダウンタイム日数を考えるとそれ相応の
効果があるとは思えません。それが私のトータル的な結論です。

このダウンタイムを懸念して、ニキビ、ニキビ跡、クレーターで悩む患者さん達は躊躇して治療を諦める方が何人かいらっしゃいました。そういった方には他の治療法、例えばサリチル酸ピーリング、クリアタッチ、イオン導入などをおすすめしております。

-にきび治療
-, , ,

Copyright© 美容の極み , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.