美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

表面麻酔薬

注射の痛みを和らげる麻酔テープ「ペンレス」の効果とは

更新日:

私は週に二回もプラセンタ注射をしていますし、定期的にボトックス注射やヒアルロン酸注入も行っているので痛みには慣れっこだと思われがちですが、痛いのは本当に嫌いなので、極力痛みが軽減されるよう、かなり努力しています。顔への注射は確かに慣れましたが、たまにしか行わない採血や点滴などの痛みはやはりな慣れなくて、毎回緊張しています。

さて、そんな注射嫌いの私を救ってくれる、頼もしいアイテムをご紹介いたします。それがこちら。

ペンレス

マルホ」から出ている「ペンレステープ18mg」です。有効成分としてリドカインが含まれている、貼付用局所麻酔剤です。静脈穿刺(留置針刺入)時の疼痛除去の為に良く使われており、透析の時に使用する事が多いそうです。

美容治療の場合ですと、ヒアルロン酸やボトックス注射の時の、針が刺さる痛みを軽減するために用いられます。レーザー治療やダーマローラーなど範囲が広範囲の場合はこちらのシール状の麻酔ではなく、クリームの麻酔を使います。

割と小さめのサイズとなっていますが、シールという特性上、針を刺す部分の範囲に合わせてハサミで切る事が出来ますし、また、クリーム麻酔みたいに上からラップをしたり、クリームがどこかについてしまうといい事が起きないので、かなり使いやすいですよ。

img_1306

これから注射するけど、痛みが怖い、なんとかして軽減したいっていう方は是非使ってみることをお勧めします。それではペンレスの威力や、効果的な使い方をご紹介しますね。

 

ペンレスは何分前から貼っておくと一番効くのか

クリーム麻酔やテープ麻酔を使用するにあたって一番知りたいのが、この「どの位前から貼っておくと痛みを感じずに済むのか」という事ですよね。

基本的には「30分前に貼っておいてください」と言われることが多いです。私もお世話になっている美容外科からはこのように言われますね。しかし、30分前だとやはり痛いんです・・・。

という事で、私は週に二回、プラセンタ注射をしておりますので、それを良いことに実験開始。いつもは筋肉注射で行っているのですが、この時だけは皮下にしてもらいました。通常麻酔テープ無しでプラセンタ注射を受けていますが、ペンレスの実験がてらペンレスを貼る時間を色々変えて注射してみましたので、その痛みの度合いについて書いていこうと思います。

[30分前]
テープを剥がした後に指で触ってみると、確かに麻酔はかかっている感じはするものの、普通の注射のようにチカっとした痛みを感じました。あまり効いていない気がする・・・。

[60分前]
痛みは若干弱くはなっている気がするが、チクリとする。

[90分前]
60分前とそんなに痛みは変わらず。

[120分前]
痛みがかなり弱くなっている。全然楽勝で注射を受けられる位。でも多少のチクリは感じます。

[180分前]
麻痺してる。お肌がかなり麻痺状態なので、針の痛みは一切感じませんでした。
 
 
他のHP見ると皆さんも同じような感想でした。やはり二時間前位からが一番痛みを感じずに済むようですね。
 

極太留置針も痛くなかった

実は私、数か月前にとある病気で入院し、開腹手術を受けました。オペ前に腕に留置針を入れたのですが、万が一の輸血に備えて極太の留置針を入れられました。

ペンレスの痛み

img07923-1

午前11時頃留置針を入れるとの事でしたので、既にペンレスの実験済だった私は、家から持ってきたペンレスを二時間半前の8:30に貼りました。

そのおかげもあり、留置針入れる時の「チク」っとした痛みはほぼ無に等しい位感じませんでした。針が長いので針を進めていく時に若干の血管の痛みはありましたが、あんなに太い針が刺さるのを痛いと思わず受けることが出来て本当に助かりました。

ペンレス、もう、神です!!

是非注射の嫌いな方はペンレスをゲットしておきましょう。私は行きつけの美容外科に「頂戴」っと言えば一枚100円で譲ってくれます。

なかなか入手が困難な方は、ペンレスではなく、テープでもなく、クリームタイプの「エムラクリーム」というのが輸入代行で購入可能なので、こちらを是非使ってみてはどうでしょうか。テープみたいに便利ではありませんが、レーザー治療やセルフダーマローラーの時には大活躍しますよ。もちろん点滴や採血の時にも使えます。

エムラクリーム(EmlaCream)5%
エムラクリーム

痛いのは無いのが良いに決まってます。痛みレスの快適な治療の発展を今後も願うばかりです。

-表面麻酔薬
-

Copyright© 美容の極み , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.