美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

その他肌荒れ

季節の変わり目の肌荒れに。~ゆらぎ肌の原因と対策~

更新日:

季節の変わり目による敏感肌
もう三月に入りましたね、日中はポカポカと過ごしやすい日が続き、春を感じられる季節になってきました。しかし、暖かいと思っても急激な寒波が襲って来たり、強烈な風が吹いたりして気候は不安定。そんな季節はお肌も不安定になりがちです。特に季節の変わり目というのは、お肌のコンディションがとても揺らぎやすいので、通常通りのスキンケアを行っていても、なんだかしっくりいかないことが良くあります。
 
近年環境破壊によって引き起こされている気候変動が益々悪化している為、季節の変わり目によるゆらぎ肌に悩んでいる方が年々増加傾向にあるそうです。
ではどのようなスキンケアや対策をして、季節の変わり目による肌荒れを防げるのでしょうか。原因と対策をご紹介いたします。
 

目次

ゆらぎ肌とは

ゆらぎ肌とは、春や秋などの季節の変わり目などに起こる急な気候の変化、空気の乾燥、紫外線、そして花粉などが原因で、お肌がいつも以上に敏感になっている状態の事を指します。
症状としましては敏感肌と同じような症状が出るのですが、ゆらぎ肌とは敏感肌が一時的に生じる状態の事を言います。下記のような症状を伴います。

  • 何を付けても肌が乾燥する
  • 髪の毛が少し触れるだけで痒い
  • 肌が痒い
  • 肌がぴりぴりとし、炎症をおこしている
  • 今まで使っていた化粧品が合わなくなる
  • ニキビがポツポツ出来る

 

ゆらぎ肌の発生メカニズム

いつもとは違った環境に急激にさらされる事で、体がその環境に順応する事が出来ないために引き起こされます。また、急な変化によるストレスなどが原因でホルモンバランスが乱れることも考えられる原因の一つです。
春や秋にゆらぎ肌が発生しやすいのは、一日のスパンでの寒暖の差が大きく、そして乾燥した空気によって花粉などが舞いやすい季節だからです。そして、春には卒業、入学、そして入社など、新しい事を始める季節でもあり、慣れない環境においてストレスもたまりがちになります。そういった事が原因で自律神経の乱れなども起こり、最終的に肌表面に異変が現れるのです。
 
花粉によるゆらぎ肌
 
特に深刻なのが花粉症。これはアレルギー反応なので、鼻水、くしゃみ、目の痒みが主な症状ですが、お肌へのアレルギー反応も引き起こしてしまいます。そうするとお肌のバリア機能が低下してしまい、外的刺激に過敏に反応してしまう弱いお肌になってしまうのです。お肌のバリア機能が低下すると、お肌の潤いが不足し、肌あれを引きおこし、さらに乾燥がすすみ、また肌荒れが起こるという負のスパイラルを繰り返すようになってしまいます。
 
また寒暖の差が激しいと、お肌が乾燥したと思ったら今度は急に皮脂が増えたりとお肌は大忙し。乾燥しているのに皮脂は沢山出る、小さなニキビがポツポツ出来てしまうといった肌荒れも生じやすくなります。
 

ゆらぎ肌への対策

ゆらぎ肌の発生原因、メカニズムが分かったところで、今度は対処方法を見ていきましょう。
 

ゆらぎ肌への対策①|規則正しい生活を心がける

進級や就職などで前までとは違った環境に置かれると食生活が乱れがちになってしまいます。しかし肌が荒れやすい季節ですと、その食生活の悪さがお肌にしっかりと出てしまいます。
栄養バランスの良い食事、そして良質な睡眠をいつも以上に意識する生活を送りましょう。
 

ゆらぎ肌への対策②|ストレスを解消する

環境変化によるストレスが強い場合、なるべくリラックス出来る癒しの時間を作ってストレスを軽減させましょう。
得におすすめなのがアロマやハーブを使った脳へのリラックス法。ラベンダーやカモミールには体に深いリラックスを与え、自律神経のバランスを整える作用があります。
 
自律神経を整えるハーブ、アロマでゆらぎ肌を改善
 
アロマを焚いて香りを楽しんだり、精油をバスタブに数滴垂らしてアロマバスにしたりして自然の持つ効果を実感してみてください。
 

ゆらぎ肌への対策③|徹底した保湿

気候の変動、環境の変化などは避けられない事ですが、その変化にも負けない肌の土台作りというのが大変重要になっていきます。その為には外的刺激からお肌を守ってくれているバリア機能を向上させるスキンケアをすることが大切です。
 
通常の健康なお肌というのは、角質層がお互いぴっちりとくっ付いており、セラミドがそのスキマを満たしていて、更にその上に皮脂膜があるので水分をしっかり保持してくれています。角質という死んだ細胞のおかげで紫外線や花粉、汚い空気などからお肌を守ってくれているのです。
 
一方ゆらぎ肌で敏感になったお肌というのは、季節の影響による乾燥、遺伝による体質などの要因がからむ事で細胞の間にスキマが出来てしまい、中の水分がどんどん蒸発してしまいます。そうなると外からの外部刺激ダイレクトにお肌に伝わってしまうので、痒みや赤味の症状が現れるようになります。
 
このような事からゆらぎ肌になりやすい季節は、セラミドを配合させたスキンケアでしっかりと保湿を行うことで、細胞同士に隙間が生じないよう、強い土台を作ってあげるケアが必要になってきます。
 
セラミドが失われてしまうと、お肌に潤いを保持する能力が低下し、乾燥が進行してしまいます。そうすると今度はシワやたるみといったさまざまなエイジングサインが表れはじめますのでバリア機能低下だけでは済まされないのです。ですからセラミドをしっかり補って、ゆらぎの起こりにくい肌荒れ知らずのお肌を毎日のスキンケアで育んであげましょう。
 
私がおすすめするセラミド配合のスキンケアがヒフミドです。小林製薬さんから発売されているのでとても信頼のおけるブランドです。
 

ゆらぎ肌、敏感肌にセラミド。

セラミド




 
角質細砲を繋ぎ、水分蒸発や外部からの刺激を防ぐ物質であるセラミドを配合しています。そのセラミドの中でも特にバリア率の高い天然型セラミド2を配合してあるのが特徴です。
アトピー、敏感肌、そしてゆらぎ肌で悩まされている私ですが、特に敏感肌が強く出ている時にお世話になっているセラミド配合化粧品です。
刺激がかなり抑えられていますので、ゆらぎ肌中でも沁みる事がなく安心して使えました、また保湿効果がとても高いので、何を付けても内部がスカスカな状態のインナードライを改善するのにも役立ちました。
 

まとめ

ゆらぎ肌として表れている肌トラブルは、何か対策を講じてほしいという体からのサインです。周りの急激な変化に体とお肌、そして心がついて行けるように十分備えをして、健康的な美しいお肌を手に入れましょう。
 
 


目次に戻る

-その他肌荒れ
-,

Copyright© 美容の極み , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.