美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

トラネキサム酸 ビタミン

内服でシミ、肝斑治療:トランサミン、シナールの効果と副作用

更新日:

肝斑、そばかす、シミなどの色素系のトラブルで悩んでいる方にはレーザー治療に入る前にまずトラネキサム酸ビタミンCの内服薬による治療からスタートするのが一般的な傾向にあるようです。処方されるお薬の名前は、たいていビタミンCですとシナール、トラネキサム酸ですとトランサミンが多いです。
これらの飲み薬のみで気になっているシミなどが目立たない位にキレイになる方も多く、そのような場合はレーザーを照射せずに済みます。
 
内服のみでなかなか改善しない、もしくは改善しているけど濃い部分だけまだ残っているっという方はレーザー治療に進むわけですが、レーザー治療により逆にシミが濃くなってしまう場合もありますし、いったん消えたと思っても再発する事も当然あります。そういった事も踏まえ、内服による治療はレーザー治療中、そしてレーザー治療終了後であっても継続した方がいいのです。結局のところ、ずっと飲み続けた方が良いという事です。
 
どちらにせよ、このシナールとトランサミンはスキンケア効果が高く、お肌の老化全般を予防するのに最適な内服薬ですので是非とも飲んでみることをお勧めします。
 
では、美白、シミ対策、肝斑のケア、ニキビ跡などに効果のあるシナールとトランサミンについて詳しくご説明いたします。
 

目次

シナール錠、トランサミンの働きと副作用

多くのクリニックではシナール錠というビタミンC製剤と、トランシーノで有名になったトラネキサム酸のお薬トランサミンの2つを飲んでもらうのが基本となっています。実際に私もこの内服を7年も継続しており、徐々にソバカスが薄くなり、また目に見えない将来出てくるシミの数の減少を肌診断機ビジアで確認できました。
 

シミに効果的な内服治療トランサミンのご紹介

左:トランサミン
右:シナール


 

シナール錠とは

シミの元であるメラニンを抑えてくれる作用のあるビタミンc。通常ビタミンCの1日の所要量は100mgとされておりますが、美容上の効果を得るためには約20倍の量である2000mgの摂取が必要です。シナール錠には一錠中アスコルビン酸が200mg含有されており、通常はこれを一日に10錠摂取します。場合により二倍の20錠をお勧めするクリニックもございます。
 
ビタミンCは水溶性なので多量の飲むと尿として排泄されますのでこまめに摂る事が大切です。
なお、喫煙者、ストレスが溜まる方、飲酒をされる方はビタミンCが不足がちになるので積極的に摂る必要があります。
 
ビタミンCはメラニン抑制だけではなく、コラーゲン生成促進、皮脂バランス調整、免疫力向上などの効果もあります。
 

シナール錠の副作用

ビタミンcは水溶性ですから、多量に摂取しても尿として排泄されますから、油溶性のビタミンであるAやEとは違い重篤な副作用はありません。しかし人によっては多量摂取によってお腹が緩くなってしまったり、気持ち悪くなる場合もあります。
 

トランサミンとは

一錠に250mgのトラネキサム酸が含有されています。一日に3錠、計750mg摂取します。中には一錠500mgのものもありますが、多くの美容クリニックで出されるのは250mgが多いです。
 
主に止血剤として処方されるものでして、月経過多、血友病、白血病などによる出血を抑制する為に用いられています。抗炎症作用もありますので熱が出た時に処方される場合もあります。
 
なぜトラネキサム酸が美白に良いのかというと、抗プラスミン作用により情報伝達物質の生成を抑制するのでメラニン生成を起こしにくくしてくれるからです。ですので紫外線にしっかり当たっても、ゴシゴシと刺激を与えてもメラニンが生成されにくい為シミが薄くなったり発生しにくくなるのです。
 

トランサミンの副作用

先ほども挙げましたが、一応トランサミンは止血剤ですので、血栓が出来ていてそれを治す薬を飲んでいる方は服用できません。かといって健常者がトラネキサム酸を服用しても血が固まってしまう、血栓が出来るっという事ではありません。しかし、数年後の医療の発展により、新しい副作用が発見される場合もあるかもしれません。
 
私は長年服用しておりますがそのような症状はまだ出てきておらず、ましてやそれ以上飲んでる方でも何かしら体に重大な問題を起こしてしまったという話は今のところ聞いていません。
が、トラネキサム酸を飲んでから生理の量が少なくなった、生理が来なくなったおっしゃる患者様が数名みえました。実際に1500ml以上だと生理の血の出が悪くなるという報告が学会でも発表されましたが今のところエビデンスは無く、因果関係は分からないままです。
あなたがちょっとでも不安を感じるのでしたら飲むのをやめましょう。
 

シナール錠、トランサミンでシミが薄くなる

一日一件は以上は肝斑、シミ、そばかすなどの相談を受けます。そして多くの方がレーザー治療を行う前にこちらの内服治療からスタートされるのですが、どの方も効果がしっかりと出ており、レーザー治療をする必要の無い方が半数以上です。
実際にレーザーを受けられる患者様でも、この内服治療によってシミや肝斑が薄くなり、部分的に残ってしまった個所のみレーザーを照射するという経緯に至っており、これは内服治療がいかに効果的かというのがよく表れています。
 
毎日ご自身のお肌を見ている患者様からしたら、あまり美白効果を実感しにくいかもしれませんが、クリニックでお肌の経過写真を撮って見比べてみると明らかにシミや肝斑が薄くなっているのです。これを見てほとんどの患者様はびっくりしていました。特にもやっとした広範囲に広がるシミにはよく効いてくれるなーという印象です。
 

まとめ

シナール、トランサミンは美白効果が絶対の内服薬です。レーザー治療を受ける前に、まずは内服治療からスタートし、様子を見てみましょう。是非色素系のお悩みを持っている方はお試しください。

クリニックに行かずに自宅でトラネキサム酸を服用されたいかたは、市販で発売されているトランシーノがおすすめです。

また、今では輸入代行によってトランサミンを購入する事も出来ます。
私はいつもドクターズコスメや美容クリニックで取り扱っているサプリメントを購入する際、オランダ屋という輸入代行のネットショップをよく利用しています。そこにはトランサミン500mg(Transamin) 1箱を約¥3000程で購入できるのでお勧めです。輸入代行と聞くとちょっと面倒だし、関税が心配と思われがちですが、送料や手数料込の値段ですので明瞭会計。そして少数ロットの購入であればほぼ関税はかかりません。

トラネミック500mg(Tranemic)

 

購入についての詳しい内容は過去記事を参照してください。
 


 

ビタミンCに関しては薬局に行く種類豊富ですので、配合量を見て購入しましょう。

 

 
 


目次に戻る



-トラネキサム酸, ビタミン
-, ,

Copyright© 美容の極み , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.