美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

日頃の業務

美容外科 カウンセラーのお仕事とは

投稿日:

美容外科カウンセラーの仕事内容

美容のお仕事に興味のある私の知人から、よくタイトルにあるような質問を投げかけられます。

美容外科のカウンセラーって一体どんなお仕事内容なの?っと。

仕事内容というのは他の職業と同じように、働くクリニックによってかなり違ってきます。何店舗か展開されている大手の美容外科と、個人で診療している小規模のクリニックとでは結構異なる点がいくつかあります。大手となると、立場によって仕事内容にきっちりとした線引きがなされており、それのみに集中していればいいのですが、私みたいに1つのクリニックしかない個人の美容外科ですと、その仕事内容は多岐に渡り、本来看護師さんが行うような仕事までやる場合もあります(法には触れない内容に限る)。

個人の美容外科でのカウンセラーの仕事内容について、以下述べておきますね。

受付業務

患者様からのお問い合わせ、予約などの電話対応、そして、来院された患者様のカルテ作り、ご案内、など、一般的な受付業務を行います。金銭授受ももちろん行います。

経理

一応事務長がいるのですが、事務長の仕事がはかどるように、クリニックの収益計上、カード払いの計上および処理、小口現金の処理など、事務作業も行います。レジの現金が合わないときは残業になり、解決できるまで帰れなかったりすることもあります。しかし個人クリニックですと、看護師まで現金を触ったりしますから、レジ金の過不足に関する原因究明には時間がかかる事が多いです。

カウンセリング

本来、美容クリニックのカウンセラーの一番の仕事と言えばこちらです。医師のカウンセリングの前に、患者様の悩みのヒアリングを行い、診療のご案内をします。そして医師とのカウンセリング後、今後の治療スケジュールなどを患者様と一緒に決めていきます。手術や治療の申し込みもこの時に一緒にしたりします。
悪徳クリニックの場合、この時点で契約を取ろうと必死になるのですが、通常の美容クリニックではがめつく契約をしようとは思わず、ゆっくり考えて、気になったらまたお電話くださいっという流れで終了します。
治療スタートの際は、同意書の確認、注意事項の説明、薬の説明などをします。

診療補助

本来看護師が行うような診療の補助を、カウンセラーが行う場合があります。といってもすごく難しい内容ではなく、治療に用いる器具や薬品の準備、ベッドや照明の調節、冷却補助、止血などです。しかしこういった診療補助をしたことが無いカウンセラーからしてみれば、結構気がはってしまう業務です。

メディカルエステの施術

イオン導入や高周波治療器など、資格がなくても出来るエステメニューに関しては、実際に施術に入る事があります。大手ですと、施術専用のエステティシャンがいるものですが、小さいクリニックの場合は看護師か受付、カウンセラーが行う事が多いです。時間に余裕のある時でしたらいいのですが、事務作業などが重なっている時はかなり重荷となる仕事ではあります。

その他雑用

カルテの整理はもちろんの事、症例写真の整理、モニター様の経過写真のアルバム作り、お問い合わせメールの返信、化粧品、医薬品の発注など、やる事は沢山あります。また、私の場合クリニックのパンフレットや掲載雑誌の作成も行っていました。そしてクリニックを内装する際はカタログを取り寄せて家具や小物を注文したり、どのようなレイアウトにするかなどの提案もしたりなど、個人経営だからこそ関わらないといけない業務が山ほどありました。

 
 
 

こうして美容外科カウンセラーの仕事内容を列挙してみると、よくこんだけの事をやれているなぁと自分で関心してしまいます。
ですから患者様の人数が少なくても、毎日やる事がとても多く、お昼のご飯はパパッと済ませる位の時間しかありません。ですのでPC作業を行いながらおやつを摘んだりコーヒーを飲んだりしていましたから、食生活はよろしいとは言えません。

大変な反面、患者様が喜んで帰られるのを見るのはとても嬉しいですし、仕事に対してやりがいも感じられます。また、元々美容関係の事が好きでしたので、美容の知識が増えたり、症例を追って結果を観察するのがとても楽しいです。ですから美容好きにとって美容外科カウンセラーという仕事は本当に楽しい職業だと思います。

-日頃の業務

Copyright© 美容の極み , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.