美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

コラム

レーザー脱毛を看護師が施術するのは違法なのか

投稿日:

レーザー脱毛は看護師がおこなえるのか
これから薄着になってくるにあたって気になってくるのがムダ毛。ですからこの季節はレーザー脱毛を希望する患者様が多く、毎日レーザー脱毛の機器をフル稼働させています。
美容クリニックで行う脱毛の方が、エステサロンと比べると効果が高く、また信頼と安心がおけるのでご自身の大切な体を預けることが出来ますよね。出力も高く出せますから、エステや家庭用脱毛器で満足のいく結果が出せなかった部分もスッキリと処理でき、永久脱毛が出来ますから、最近は最初から美容クリニックでレーザー脱毛を選択される方が増えてきています。しかしその反面、照射するスタッフが医師なのか、看護師なのか、あるいはそこのクリニックで働いているエステティシャンなのかっという問題が以前より危惧されています。
特に大手の忙しい美容クリニックですと、医療関係者ではない方が施術に入る事もしばしば。それは違法なのでしょうか。

医療レーザー脱毛の施術は国家資格を持つ医師と看護師のみ

さて、美容クリニックでのレーザー脱毛と言えば、数年前名古屋の美容クリニックでとある看護師が逮捕されたのが記憶に新しいと思います。准看護士が無免許で脱毛の施術に入ったことで医師法違反となり、そこのクリニックの医師、そしてその准看護士が逮捕されたという事件でした。
結論を言いますと、医療脱毛器での脱毛施術は、国家資格を持つ医師看護師しか行えません。看護師が施術に入る場合は、医師の指示のもと行う事が原則です。ですからエステティシャンが施術に入るのは以てのほかです。
ではなぜこの名古屋のクリニックで准看護士が逮捕されたのでしょうか。

准看護士は医療レーザー脱毛の施術が出来ない

看護師の免許には看護師と准看護師という2つの資格があるのですが、これはかなり大きな違いがあるのです。
資格を認定している機関がまず違いまして、看護師は国家試験ですので認定しているのは厚生労働省にあたります。一方で准看護師は民間の資格になりますから、各都道府県で認定しているものです。ですから本来看護師はある程度の医療行為を医師の指示の元することができますが、准看護師は医療行為を行うことができないのです。なので当然医療機器を用いた美肌レーザーや脱毛の施術はやってはいけないのです。
ですからこの上に述べた事件の場合、逮捕されたのが准看護士であったので医師法違反となったわけです。

医師の指示のもと行うのが鉄則

国家資格を持っている看護師が脱毛レーザーを照射するのは大丈夫と述べましたが、大前提としては必ず医師の指示のもと行う必要があります。しかし最近の美容クリニックで問題となっているのが医師の不在。医師しか行えない手術やプチ整形の予約がある時のみクリニックにいて、あとは家に帰ってしまったり、外に出てしまったりという事がよくあるのです。なので看護師が行えるような施術の時に医師が不在なわけなので、医師の指示のもととは言えないわけです。

そもそも医療脱毛は毛根を破壊するレーザーですから、当然トラブルが起きる場合もあります。火傷や炎症を患者様に起こしてしまう場合もあれば、光に過敏な方で倒れてしまう方だっているわけなので、もしそうなったら迅速な処置、対応が求められます。しかし医師が不在ですと何も対処する事が出来ません。そもそも管理責任というのは医師が担うことになりますから、医師がその場にいて、そして指示のもと行われる必要があるのです。

 
 
 
クリニックだからと言って安全、という訳ではないのがこれでお分かりだと思います。
エステの脱毛よりもかなり高額な美容クリニックでの永久脱毛。それだけに肌にトラブルが起こってしまう事もありますから、是非クリニックの内部がきちんと整ったところで施術を受けてください。

-コラム

Copyright© 美容の極み , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.