美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

よくあるご質問

プラセンタ注射
ボトックス注射
腋臭、多汗症

 

プラセンタは点滴で使用可能ですか。
美肌点滴や疲労回復点滴などと一緒にプラセンタを入れているクリニックが多くみうけられますが、本来プラセンタ注射は皮下注射、筋肉注射にのみ認可されている製剤ですので血管内に投与する点滴、静脈注射は未認可となります。
プラセンタ注射に感染症のリスクはありますか。
ヒト由来の臓器から製造されている為、理論的なリスクが否定出来ないのが現状です。変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)のリスクを踏まえ、念のための措置としてプラセンタ注射を受けられた方は献血が当面の間出来なくなります。プラセンタが医療で使用されるようになってから約60年が経過していますが、これまでに重篤な問題は報告されておりません。しかし今後の医学の進歩により新たな副作用が発見される場合があるかもしれません。

ボトックス注射は妊娠に影響がありますか。
ボトックスは神経毒素であるボツリヌス菌から作られたものですので妊娠中の方、授乳中の方は注射をしてはいけませんし、また作用の続いている約三か月間、男性、女性、両者とも避妊する必要があります。それはボトックスの歴史はまだ浅く、今後どのような影響が出てくるのか十分に検証がなされていない為です。胎児は薬剤の影響を受けやすく、何かしらの健康上の問題が出てくる場合も考えられます。 そういった事により、奇形、先天性の病気、流産、死産、不妊症などの副作用があるのではっとネットでも騒がれています。 よくあるのが、ボトックスを打ったあとに妊娠が発覚したという事例。しかしとある文献によると、ボトックスは粒子が大きいため胎盤を通過しないので胎児への影響は無いとのこと。 そうは言っても、健康上の問題を抱えた胎児を出産、もしくは流産などを経験した方からすると、その原因が直接ボトックスとは関係なかったとしてもボトックスのせいだと考えてしまう方が多いです。ですが、実際にボトックス後に妊娠発覚しても問題なく出産されている方も多いです。 結論を言いますと、副作用については現状でははっきりしたことは分からないのが事実です。しかし、あまりにも心配になる事は無いでしょう。
ボトックス注射は認可されていますか。
元々ボトックスというのは米国アラガン社の登録商標(「BOTOX®」、「BOTOX VISTA®」)です。さまざまな痙攣の治療で保険適用で使用可能ですが、アンチエイジングとしての自費治療においては、65歳未満の成人における眉間のシワ治療薬としてFDAに承認されたものでして、A型ボツリヌス毒素製剤「ボトックスビスタ® 注用50単位」がそれにあたります。
ボトックスの効果を下げる方法はありますか。
ボトックスを打つ場所が違ったり、濃度が濃すぎたりすると表情が硬くなってしまったり、口角や眉毛が下がったり、あるいは上がってしまったりなど、求めていた結果とは違う症状が出てしまうことがあります。脂肪の量、筋肉の付き方などをしっかりと熟知していない医師が注射を行うとこういった症状が出てしまいます。しかし残念ながらボトックスの効果を下げる方法は現段階では存在しませんので、ボトックスの効果が切れる3か月から半年程我慢するしかありません。
ボトックス注射の効果はどの位持続しますか。
個人差にもよりますが、大体注射後10日程で効果が現れ、半年ほど続いた後次第に効果が無くなっていきます。 期間を空けて継続的に注射する事で、最初よりも長く効果が持続すると言われています。その原因として表情筋が萎縮してしまうことが考えられます。エラのボトックスですと4~6か月おきに5回程受けていただくと定着される方が多いです。 継続注入していくと持続期間が延びますから当然その分再注入の間隔も長くなり、最終的には一年に一回位のペースで落ち着く場合がございます。しかし再注入を繰り返し行うことで永久に効果が続くかどうかは現段階では分かっておりません。

腋臭の治療は保険が適用されますか。
腋臭の手術は美容医療の要素が高い為医師の診断によって適応かどうか分かれます。臭いの度合いによりますので、適応の基準は医師の判断によります。適応の場合は保険医療指定機関でのみ治療が可能です。また、手術になかなか踏み切れない方にはボトックス注射という選択肢もあります。2012年11月21日より原発性腋窩多汗症の患者さんに対してボトックス注射での治療に保険が適用されるようになりました。

更新日:

Copyright© 美容の極み , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.