美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

健康と病気

美肌への近道~女性ホルモンを活性化させる方法~

更新日:

ツヤのある美しい髪、透明感のある美肌、滑らかなボディラインなど、女性がより女性らしくいられるのに欠かせないホルモン、女性ホルモン。美肌、整ったボディラインを維持するにはこの存在が欠かせません。
高価な化粧品を使っているのになかなか肌トラブルが良くならない、ダイエットが成功しないなど、努力しているのに結果が出ない方は女性ホルモンのバランスが原因だったという事がよくあります。
 
女性には本来、自ら美しくなろうとする力、女性ホルモンが宿っています。それを引き出してあげる事で女性はもっと美しく輝けるはず。そこで、女性ホルモンの分泌を促して美肌を手に入れる方法をご紹介します。
 
女性ホルモンで美肌に
 

目次

 

美しさの秘訣は女性ホルモンが関係している

女性ホルモンの分泌を促す女性ホルモンの一つであるエストロゲンは美肌ホルモンとも呼ばれており、美肌に欠かせないお肌のハリや弾力を保ち、キメの整ったツヤのあるお肌にする働きがあります。
しかしこのエストロゲンは年齢と共に減少していき、大体20代半ばをピークとしてそれ以降減少し始め、更年期にあたる50代になると半分にまで減ってしまい、そして閉経が起こります。
 
また、女性ホルモンは年齢だけではなく、ストレスや乱れた食生活、過剰なダイエットなどが原因で分泌量が低下し、シミ・シワ・たるみといった肌の老化をすすめてしまいます。
 
更にホルモンバランスの乱れは老化現象にとどまらず、繰り返し出来る大人のニキビ、吹き出物、毛穴の黒ずみ、肌の乾燥と言った様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。
 
このような事から、女性ホルモンのバランスが悪かったり、分泌が減少してしまうとお肌に大きな影響を与えてしまう事が分かりますね。また、女性ホルモンは美肌になれるというメリットだけではなく、女性特有の体の不調が改善され、健康的で活き活きとした生活を送るのにも不可欠。内側から女性を魅力的にしてくれるのです。
 

女性ホルモンを増やす方法

それでは女性ホルモンの分泌を促す方法をみてみましょう。どれも簡単に出来る方法ばかりです。
 

恋をしてときめく

恋愛して女性ホルモン活性化恋をすると女性は綺麗になるとよく言いますが、これは、恋愛してドキドキする事で女性ホルモンの分泌が促進されるからです。厳密にいうと、人がドキドキしたりキュンとすることで、脳内でPEAホルモンの濃度が上昇します。それに加え、オキシトシン、ドーパミン、エストロゲンなどの他のホルモンとの相互効果により性欲が高まってきます。無理に恋をしなくても、一人で妄想したり、恋愛もののドラマや本を見る、好きな芸能人の事を考える、という事でも可能です。きゅんっとする気持ちがより女性を女性らしくさせてくれます。
 

良質な睡眠を取る

良質な睡眠で女性ホルモン活性化良質な睡眠、特にお肌のゴールデンタイムと言われている22時から2時の間には入眠できるようにすると女性ホルモンのバランスを整えることが出来ると言われていますが、実際に10時に寝るのは難しいので、せめて12時までにはベッドに行くようにしましょう。しっかり休息をとって体を休めないと疲労が蓄積し、ホルモンバランスが崩れる原因になってしまいます。寝る時はなるべく電気やテレビを消して、安眠できる環境を整えておくことをお忘れなく。
 

大豆製品を積極的に摂取する

大豆で女性ホルモン活性化納豆や豆腐など、大豆製品にはイソフラボンが多く含まれており、女性ホルモンと似た働きをすると言われています。なので日頃から大豆を意識した食事をすると良いのですが、栄養の吸収というのは複雑なメカニズムが起こってなされるものですので、100パーセント女性ホルモンに影響するとは言い切れません。しかし、高齢により減少してしまった女性ホルモンをサポートする働きが少なからずはあるそうですので、全く効果が無いわけではないようです。
女性ホルモンは沢山取ればいいという訳ではありませんので、1日50mgを目安に適量取るようにしましょう。
日頃の食事でイソフラボン摂取が難しい方は、しみ込む豆乳という、とてもおいしく飲める豆乳がおすすめ。私が愛用しているドリンクでして、コラーゲンも一緒に摂取できるのが魅力的。
 
豆乳で女性ホルモン活性化
 

 

アロマテラピーを活用して嗅覚を刺激する

アロマで女性ホルモン活性化女性ホルモンが減ってしまうと、脳内物質であるセロトニンも減ってしまいます。このセロトニンというのはノルアドレナリンの過剰分泌を抑え、精神バランスを調節してくれる神経伝達物質の一つ。この乱れてしまったバランスを落ち着かせてくれるのが、ゼラニウム、クラリセージ、イランイランなどの精油でして、深いリラックス感を与えてくれます。心を落ち着かせることで女性ホルモンのバランスも整いますから、PMSや更年期障害などに起こる辛い症状の改善にも役立ちます。
香りを嗅ぐ事によって脳に直接働きかけてくれるので、ナチュラルな方法ですが、実はとても効果的なんです。
 

軽いストレッチと運動を行う

運動で女性ホルモン活性化身体に適度な刺激を与えることは、女性ホルモンの分泌にとても効果的です。体の代謝を高める軽い運動やストレッチを寝る前に行うと女性ホルモン活性化につながります。激しい運動ではなく、体をほぐすような、気持ちの良い運動を心がけましょう。
また運動の際に深呼吸をしながら行う事で、交感神経、副交感神経のバランスが整います。
 

ローズのスキンケアで嗅覚と肌に働きかける

ばらで女性ホルモン活性化ローズの香りというのは女性ホルモン様作用があるということで知られていますね。特にアロマ界でローズと言えば「精油の女王」といわれるほど有名でして、その高い効果、作用から、古くから健康や美容などに使用されてきました。ホルモンバランスの調整だけではなく、免疫を強化したり、深いリラックス感を与えたりなどの効果も持っています。
このローズを用いた化粧品を使う事で女性ホルモンを活性化させたり、お肌のコンディションをよくさせる効果が期待できます。私がおすすめするのはラミューテという、女性ホルモンに着目し、ローズを主として様々な美容成分を配合させた化粧品。生理前のニキビにも効果を発揮してくれる頼もしいスキンケアです。肌トラブルをケアしつつ、心まで落ち着かせてくれますよ。
 
ローズの女性ホルモン活性化
 
ラ・ミューテ(lamutee)
 

まとめ

人間にはもともとキレイになろうとする女性ホルモンという素晴らしいものを持っています。それを乱さない、減少させないよう対策を取り、体の中からキレイを目指しましょう。
 

目次に戻る

-健康と病気
-,

Copyright© 美容の極み , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.