美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

二重

二重整形は埋没法か切開法か、どちらがおすすめ?

更新日:

たったの10分でパッチリ二重になれちゃうというプチ整形「二重埋没法」。切開を加えないという手軽さにより、美容整形が初めてという方でも比較的お気軽に施術できるメニューですので、実際に職場の患者さんでも二重瞼の美容整形においてこの埋没法を選択される方がとても多いです。皮膚を切ってパックリ開いて内部処理されないから気軽に受けられると思いがちですが、多くの患者さんを見ている私としては「切開法」にすればいいのに・・・と毎回思います。二重のラインにこだわりの強い人は特に。
 

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s

 

二重埋没法のリスク

埋没法は二重にしたいライン上に糸で折り目のクセを付けるという簡単な方法ですが、高確率で糸がゆるんで結局前の一重に戻ってしまう方がとても多いです。かといって従来の2点法以上に糸を増やしていく3点法・4点法と差別化して行っているクリニックもありますが、取れる時は取れます。おまけにその分体にとっては所詮異物である糸の本数も増えるわけなので当然何年後かに目に異常をきたす確立も高くなりますし、いざ糸を抜きたいと思っても本数が多いと取るのに時間を要します。
 
異物は体にとってやはり異物の何者でもない。なので体は外に排出しようとするわけなので、切れた糸が結膜側から飛び出て来る事があります。そうなると眼球を糸の端が刺激しているわけなので眼球が傷ついてしまいますので早く糸を取った方がいいです。
 
糸がゆるくなって前の一重に戻ってしまったらまた埋没法を繰り返す人が多いのですが、埋没法を繰り返し行っていると目の開きが悪くなる「眼瞼下垂」が起こりやすくなります。
 
眼瞼下垂は老化によって起こったりしますが、若いうちになる場合はコンタクトレンズの着用、瞼の擦り過ぎでなる可能性が高いです。瞼に過度な刺激を与えるとなりやすいって事です。なので埋没法も一緒。
 
埋没法が原因で眼の開きが悪くなった患者さん、糸が飛び出て真っ赤に眼を腫らした患者さん、糸が1点だけ緩くなって変な二重になった患者さんなどを沢山みてきた私からすると、どうせお金払うのなら切開法で一生ものの二重(オペの仕方で取れる場合はありますが)を手にした方がいいのではないかと思います。
 

二重切開法の利点

私は今まで埋没法を3回、4回程繰り返し行っており、全部合わせると合計¥25万ほどかかっております。結局埋没法の糸がゆるんで二重の具合が上手くいかなかったので最終的には切開に踏み切りましたが、その切開費用が¥20万。なのであわせて¥45万ほど二重瞼の美容整形に費やしたという事になります。
切開法にする事で埋没法よりも自分好みのラインを作ることが出来ましたし、二重がそのうち取れてしまうのではないかっという精神的不安も無くなりましたので切開法を選んで良かったと思います。
 
二重にしたらどんな感じになるのかシュミレーションをかねて1回位は埋没法を試してをもいいと思います。しかしそれが取れてしまったら今度は切開法を選択したほうが良いでしょう。
 


-二重
-,

Copyright© 美容の極み , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.