美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

アンチエイジング

食べるだけで美肌に~トマトのリコピン効果~

投稿日:

美容にいい食材って何?と聞かれたら、私はすかさずこう答えます。トマトって。
 
トマトのリコピンパワーで美肌
 
トマトは美容と健康に効果的だという事で、一時期トマトブームが起こり、トマト鍋やトマトラーメンが出たほど。1年中出回っている食材ですので誰でも簡単に、そしていつでもトマトが手に入り、冷蔵庫にはたいてい入っている食材です。特に旬の時期のトマトはリコピン、βカロテン、ビタミンCなどの含有量が増しますので是非旬の時には摂取したい食材です。栄養満点のトマトは食べるだけでスキンケア効果があり、特に美白効果が高い事で知られています。今日はそんな素晴らしいトマトの持つ美容パワーに注目し、効果的な食べ方も併せてご紹介します。
 

目次

トマトの持つ驚異的な効果

リコピンで美白、美肌
トマトがこれほどまでに注目されている食材の理由として、ビタミンやミネラルだけではなく、リコピンが豊富に含まれているからです。。リコピンとはカロテノイドの一種でして、βカロチンやαカロチンに変化します。トマトが赤いのはこのリコピンが多く含まれているからです。ではトマトの持っている効果について一つずつ見ていきましょう。
 

美肌効果

トマトに含まれているリコピンには、細胞をサビさせて老化を引き起こす活性酸素を除去する、強力な抗酸化作用があります。なんとトマトの抗酸化作用はビタミンEの100倍以上と言われており、トマトの完熟度によって更にその効果は増えていきます。
抗酸化作用が強い事により、紫外線からの肌ダメージを防ぐことが出来ますので、シワやたるみなどの老化現象に効果があります。またメラニンの増殖を防いでくれるのでシミやそばかす予防にもなり、美白ケアには最適の食材です。最近の研究では、日焼けによって引き起こされるサンバーンやサンタンの予防にもなり、なんとトマトを食べることによって日焼けが約3割減るとも言われています。
夏が旬のトマトは夏の強烈な紫外線に効果的なんです。
 

便秘解消

トマトには食物繊維、カリウム、マグネシウム、クエン酸が含まれており、食物繊維については不溶性繊維と、ペクチンという水溶食物繊維の両方を併せ持っています。ですので整腸作用便秘を改善する力があり、便秘になりやすい女性には嬉しい食材。腸内環境を整えることは美肌にもつながります。
 

抗癌作用

リコピンにはβ-カロテンの2倍の力でがんを防ぐ効果があると研究の結果でわかっています。これは強い抗酸化力がある為、ガンを防いでくれているのです。
アメリカのハーバード大学の研究者の調査によると、6年開追跡調査した結果、トマト料理を週10回以上のペースで食べている人は、トマトを食べない人に比べると、前立腺がんになる危険率が約45%も減っていたそうです。また、リコピンには胃、膵臓、子宮のがん予防にも有効だといわれています。
 

コレステロールを下げる

トマトには悪玉コレステロールを減少する効果が期待できます。 また、コレステロールの酸化をしにくくし、血管壁に付着する事を予防する効果があり、血液をサラサラにします。なので脳梗塞、動脈瘤、静脈瘤、心筋梗塞、動脈硬化などの血管疾患を予防する効果が期待できます。
 

脳活性化

リコピンが活性酸素による酸化から神経細胞を守る事から、トマトには老化にともなう学習力や記憶力の低下を防いでくれる効果があります。またトマトにはうまみ成分として有名なグルタミン酸を多く含んでいます。このグルタミン酸は脳の細胞を保護したり、情報を伝達する機能を活性化する働きがありますので、脳の活性化に効果的です。
 

トマトの効果を高める食べ方

リコピンでダイエット
そのままトマトを食べても良いのですが、少し工夫をすることで他の成分との相乗効果により更にトマトを効率よく摂取することが出来ますので、是非取り入れてみてください。
 

トマトの選び方

赤の色が濃いほどリコピンの含有量は多くなりますので、真っ赤に熟しているトマトを選ぶと良いです。特に旬のトマトはリコピンが豊富に含まれていますので、是非旬である夏にはトマトを意識的に摂りましょう。
 
トマトには大きく分けてピンク系と赤系があります。
ピンク系に代表的されるトマトには、桃太郎、ファーストトマトなどがあり、赤系のトマトには、こくみトマト、シシリアンルージュ、イタリアントマトなどがあります。
 
ピンク系よりも赤系の方がリコピンが約3倍多く含まれていますので、リコピンを優先して選ぶ際は赤系がおすすめです。
今では高機能トマトもいくつか登場しており、高リコピンのチェリートマト、高糖度のアメーラ、高GABAのフルーツゴールドギャバリッチなど様々。トマトが苦手という方もフルーツ感覚で食べられる新種のトマトが登場していますので、是非いろいろ試してみてください。
 

調理法

リコピンの効果をしっかりと得るには、一日リコピンを10~20mgを摂取するのが効果的と言われていますが実はこの量、トマトの量に換算するとかなり多いのです。毎日トマトを何個も食べるのは結構大変なのです。また、リコピンの吸収性についてですが、生野菜からの吸収は非常に低く、生のトマトと加工品を比較すると、同じ量のトマトを摂取したとしても加工品の方が2~3倍もリコピンを吸収しやすいんです。加熱刻むという工程を踏むと、細胞膜が壊れるのでリコピンが吸収されやすくなるんです。なのでスープやブリスケッタ、トマトジュース、パスタなど、刻んで加熱する調理法でトマトを摂取するのが効率の良いリコピン摂取法です。
 

食べ合わせ

リコピンは脂質と一緒に食べないと吸収されにくいようです。オリーブオイルで傷めたり、アボカドのような脂質が含まれる食材と一緒に調理すると良いでしょう。
また、アボカドもトマト同様、美容と健康に効果のある食材です。調質な脂質を含み、血液中の悪玉コレステロールの値を下げ、コレステロールの吸収を抑える効果があります。また、食物繊維を沢山摂取出来ますから、ダイエットや便秘解消にも役立ちます。トマトとアボカドのホットサラダがとても効率の良い料理です。是非試してみてください。
 

サプリメント

トマトが嫌い、なかなかトマトを沢山食べれない、トマトが高くて買えない・・・そんな方はトマトのサプリメントが効率的です。たったの数粒にりこぴんがぎゅっと詰め込まれているので簡単に必要な摂取量を取り入れることが出来ます。
 

 

まとめ

トマトには健康と美容を維持するのに必要な成分が沢山含まれており、是非とも毎日摂取していきたい食材ですね。しかし残念な事に年々トマトの値段が上がっていっているので、買ったとしてももったいなくて毎日たくさん食べることが難しくなっています。そんな時こそトマト缶の出番ですね。料理レシピサイトを見ると沢山のトマトレシピが載っているので、是非お気に入りレシピを見つけて、毎日楽しく、そして美味しくトマトを食べてくださいね。
 


目次に戻る

-アンチエイジング
-

Copyright© 美容の極み , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.