美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

隆鼻術 鼻ヒアルロン酸注入

概要

鼻をスッと高くしたい、でも手術は怖いしインプラントを入れるのに抵抗がある、っという方におすすめの隆鼻術。切開はせず、注入だけによるプチ整形です。
アクアミド、ヒアルロン酸、レディエッセ、バイオアルカミドなど、いくつかのフィラーからチョイスできます。なかでも私の経験上一番安心してうけられるのがヒアルロン酸。気に入らなければヒアルロニターゼというヒアルロン酸分解注射で元に戻すことも可能です。効果の期間はヒアルロン酸の種類により大きく異なりますが、鼻筋を通す場合は固めのヒアルロン酸を使用する事が多いです。
簡単に、しかもその日から効果を実感できるおすすめの治療法です。

隆鼻術 鼻ヒアルロン酸注入 コスト

経験回数 3回(1本を分注)
合計費用 ¥84,000

隆鼻術 鼻ヒアルロン酸注入 実体験

もともと鼻は高いほうなのですが、鼻の真ん中のでっぱり「ハンプ」が着になっており、そこの上部分にヒアルロン酸を入れることですらっとした鼻が手に入ると思い受けました。

鼻にヒアルロン酸を入れる前の写真

治療前

 

私の受診したクリニックではヒアルロン酸1本買い取り制のところでしたので1本購入。パーレーンという硬めのヒアルロン酸でして、1本あたり1.0cc入っています。

麻酔クリーム、局所麻酔は一切なしで行いました。注射する前に保冷剤で冷やされた程度です。
私の場合ハンプから上の部分のみの注入でしたので一箇所針を刺しただけでした。チクっとしましたが我慢できる程度です。
ヒアルロン酸を入れる際はグググッと何かが入っていくような重い感じと鈍痛がありましたが、これも思ったより痛すぎることは無く我慢できました。基本的に鼻先にいくに従って注入時の痛みが増します。でも私の場合は鼻先には入れてませんので大丈夫でした。使用量は3分の1の量でしたので0.3cc位。

この後先生が形を整えるためにぐいぐい鼻を押すようにして形成。そして終了。約5分で処置が終わりました。
針跡がポチっと赤くなった程度で特にその他の問題はありませんでした。すぐに鼻筋が整っているのを実感し感動したのを鮮明に覚えています。

鼻にヒアルロン酸をいれて鼻筋を通しました。

注入後

 

その日一日は鼻に違和感があり、ずしっと鈍い痛さが続きましたが日常に問題は無い程度です。
効果は約半年といわれましたが半年かけて徐々に吸収されていきますし、そのスピードも人によって違います。私は注入してから5ヶ月おきに再注入しに行っていました。再注入は初回に比べると注入の痛みが少ないように思います。すでにヒアルロン酸が残っているところに打つからでしょう。

ただ、ヒアルロン酸は横に流れる習性がありますから、徐々に横に流れて鼻が太く見えてくるようになります。私は4回ほど注入したあたりからそのように感じてきましたので最終的にはプロテーゼ挿入に踏み切りました。

隆鼻術 鼻ヒアルロン酸注入 利点とマイナス点

手軽に簡単にそして即実感できるところが最大の利点です。本格的なオペをお考えの際はまずヒアルロン酸を注入することで良いシュミレーションにもなると思います。

ただ効果を持続させるのにはやはり継続的に打たないと行けませんし、徐々に鼻が太くなってくる事もありますので、どこかで一旦お休みをする必要がある治療だと思います。

また、ヒアルロン酸を間違ったところに打ってしまうと血管が詰まって壊死したり、神経を傷つけることで視力に影響を及ぼす可能性もありますから、熟練したドクターに任せたほうが良いでしょう。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美容の極み , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.