美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴 概要

ビタミンCの1日の推奨量は100mgといわれており、美容効果を狙うのでしたら2,000mgの摂取がおすすめです。ビタミンCは水溶性なので一気に多く摂っても尿として流れますのでこまめに摂るのがお勧めです。しかし高濃度ビタミンC点滴は25g以上を一回の点滴で入れてしまうものです。ビタミンcの血中濃度を一気に上げる事でアンチエイジングなどの美容効果はもちろん、疲労回復、風邪予防、がん予防にもなり、実際にガンの代替治療としても取り入れられています。

高濃度ビタミンC点滴 コスト

経験回数 5回
合計費用 ¥85,000

高濃度ビタミンC点滴 実体験

通常の点滴と同じようにして行います。高濃度ビタミンCと効くと点滴の色がビタミンカラーをしているのではないかっと思いがちですが、色はほぼ透明です。私は美白、シワ、たるみ、ニキビなどの美容効果、そして疲労回復がメインの目的でしたので25gにしました。

点滴中、血管痛を感じました。私の働くクリニックでも半数の患者さんが血管痛を訴えます。その場合は落とすスピードを遅くしてもらう事で緩和されますが、やはり多少の我慢は必要でしょう。つらい時は腕を擦り痛みをごまかしていました。だいたい40分程で点滴終了です。

アンチエイジングに効果的な高濃度ビタミンC点滴を行いました。

高濃度ビタミンC 点滴中

 

点滴後はとても喉が渇きます、お水やお茶ではなく、何故か毎回オレンジジュースが飲みたくなるんです。

美肌効果はわかりませんが、終わった後のスッキリ感、そしてかったるいのがなくなったように思いました。今まで疲労回復の為のにんにく注射を打っていましたが、それと比べるとスッキリ感の効果が長く続いているように感じました。にんにく注射の効果は1日位なのですが、高濃度ビタミンC点滴は約3,4日続きました、私の場合は。

定期的に続けることで風邪も引きにくくなったので、ビタミンCのパワーをとても実感出来ました。

高濃度ビタミンC点滴 利点とマイナス点

疲労にとても素晴らしい効果を発揮してくれたので、なかなか疲れが取れない方には是非受けていただきたい点滴です。ただ場合により血管痛がありますので、点滴中にすやすやと寝たい方は覚悟してから行ってください。

高濃度ビタミンC点滴によって溶血性貧血の発作の危険がありますから、事前に検査を受ける必要があります(指から血を少し摂る簡単なG6PD検査です)。その場合は別途費用が発生しますので、初期費用は点滴込みでだいたい2万円。ちょっとお高い点滴です。

投稿日:

Copyright© 美容の極み , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.