美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

私の実体験:ニキビ跡の凹凸、クレーター肌に効果的なダーマローラー

肌の再生を促しニキビ跡を目立たせなくするダーマローラーとは

お肌に穴を開けることによる治癒力を利用したスキンケア法のダーマローラー。治癒過程において成長因子が作られ、コラーゲン増殖効果が望めます。これによりお肌のハリを高めたりキメを整える効果があり、ニキビ跡であるクレーター肌や妊娠線、二の腕のぶつぶつ(毛穴性苔癬)、傷跡へ用いられることが多い治療です。
針(ニードル)がローラーにびっしりと付いており、それを直接お肌に転がすという原始的かつ斬新な方法ではありますが、同時に効果的な薬剤を効率的に浸透させる働きもあり、とても汎用性のあるローラーです。特にダーマローラーの際に再生医療でお馴染みの成長因子EGF、FGFの美容液を用いると肌の再生力が格段にあがり、なかなか治りにくいボコボコとしたニキビ跡のクレーターに効果を発揮してくれます。
用途により針の長さを変えて使用します。
また最近では更に進化したタイプであるダーマペン、また、レーザーで穴を開けるフラクショナルレーザーもあります。
 

ダーマローラーの実体験

中学生の頃から悩まされているニキビ、そして治りにくくなったニキビ跡のクレーターを良くしたいと思い、1クール(5回)施術してもらいました。

針で穿孔する行為なので、塗る麻酔クリームは必須です。割と短い針を使えば麻酔クリームなしでやっても耐えられるらしいのですが、基本的に麻酔クリームは付けるそうです。

麻酔クリームを塗布して30分したらダーマローラー開始です。
私が使われたのは0.5mmの短めのものです。ちなみにこちらの写真は私の私物ですが、実際に現場でもこれと同じ製品を使いました。

ダーマローラーを体験しました。

ダーマローラー 0.5mm

 

ちなみにこちらが長めのタイプ。実際にこの長さは使っていません。何ミリかは忘れました。

ダーマローラーを実際に体験しました。

ダーマローラー ??mm

 

麻酔クリームのおかげで痛みなし

私は鼻と額以外施術しました。
頬→こめかみ→顎っという順番で行い、それぞれ5往復はしたと思います。痛みは麻酔クリームのおかげで全く痛くなかったのですが、2回だけ麻酔のかかっていない部分にあたってしまい、チカチカとした痛みがありすぐにそこは止めて貰いました。痛かった・・・・。
コロコロしている間、プチプチとお肌にささるような音があり、ささっているんだなぁ~と考えながら施術を受けていました。1週するたびにドクターが薬剤をお肌に垂らし、そしてまたコロコロ転がしていきました。この時の薬剤は成長因子であるFGFとEGF。普通に塗るよりもダーマローラーと併用することでより浸透が高まり効果的です。

終わったあと、顔がもわ~んと熱い感じがしましたが、痛みや苦痛はゼロ。これまた成長因子のシートマスクを顔にはってもらい、上からラップ、そしてセルフで保冷剤を火照るところにあてて終了です。
 

ダーマローラーのダウンタイム

赤みはあとから徐々に出てきます。そして点状にところどころ出血したりしました。当時の写真はあいにくもっていないのですが、自分で行ったセルフダーマローラの写真がありますのでこちらを代わりにのせておきます。ダーマローラー直後の肌状態がどんなものか、こちらの写真でご判断いただければと思います。
写真ではわかりにくいですが、かなり赤みを帯びました。

darma (1)

治療後はしばらくお肌が乾燥する感じがするのでしっかりと保湿をします。その時に私が毎日塗っていたのが成長因子の化粧品セルビック 。成長因子の塗布はこういったメディカルスキンケアを行った後に使うとより一層ハリのあるお肌になれますので、クリニックからもすすめられました。
セルビックついて詳しくはこちらをご参照ください。


 

ダーマローラーで実感した効果

おかげで一週間のダウンタイム後のお肌はキメが整ってつるっとしたお肌を実感できました。肝心のクレーターは一回ではよくならなかったので、1クールは必要でしょう。
1クール終了後は前と比べると若干クレーターが浅くなったようにも感じました。しかしまだまだっというところです。クレーター治療はかなり厄介な症例なのはわかっていましたので、ダーマローラー治療後も多くの他の治療を試しました。なので一概にクレーターにすごく効いたとは思えませんでしたが、総合的に見てお肌はつるっときれいになったかなっとは思います。
 

ダーマローラーの良い点、悪い点

使用する薬剤をお肌に悩み別で選択できるのが良いですね。シミが気になる方はトラネキサ酸を使ったり、アンチエイジングだったプラセンタを使ったりなど、そういった幅広い選択が可能なのが良いポイントです。
ローラーさえあれば自分で出来るような治療なのに、処置代にそこそこお金がかかるのが納得いきません。もう少し値段を落とせばいいのにっと毎回思います。

経験上、浅いクレーターや毛穴には効果的だと思いました。が、割と深めの傷跡や妊娠線にはあまり納得できる症例を見たことがありません。

今では短めの針を自分で購入して自分で施術を行うセルフダーマローラーを行って継続的にニキビ跡治療に励んでいます。定期的に行う事でお肌のクレーターも徐々に良くなってきました。
自分で行うダーマローラーについてはこちらの記事「ニキビ跡の凹凸肌を美肌に:自分でダーマローラー 」をご覧ください。
 

★実際にかかった費用

経験回数 1クール(1クール=5回)
合計費用 約¥150,000

 
 

自宅でのセルフダーマローラーでお財布に優しいスキンケア

ダーマローラーはクリニックで行うと結構高くつきます。しかし、輸入代行でダーマローラーと麻酔クリームを購入すれば、かなり費用を抑えることが可能です。
私は今では自分でダーマローラーをしていますが、クリニックで行うのと何ら変わりません。

こちら↓のダーマローラーは一回使い切りタイプとなっていますが、一本約5000円なので、それでもかなり安い方です。
医療用ダーマローラー(Dermaroller)[MC905]
セルフダーマローラー
 
麻酔クリームはエムラクリームが一番人気がありますね。ダーマローラーには欠かせないアイテムですのでこちらも要チェック。
エムラクリーム(EmlaCream)5%
エムラクリーム

更新日:

Copyright© 美容の極み , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.