美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

顎 シリコンプロテーゼ

顎 シリコンプロテーゼ 概要

美しい横顔の条件でもあるEラインを作る上で必要な顎の高さ。ヒアルロン酸注入でも可能ですが、しっかりと高さを出したい、シャープなフェイスラインにしたいという方にはシリコンプロテーゼ挿入がおすすめです。口の中を少し切開し、オーダーメイドのプロテーゼを挿入してフェイスラインを整える手術です。口の中からのアプローチなので傷跡が残りません。

顎 シリコンプロテーゼ コスト

経験回数 1回
合計費用 ¥280,000

顎 シリコンプロテーゼ 実体験

普通に顎はあったのですが、更にシャープな印象になりたいと思い治療を決意しました。それまではヒアルロン酸を入れていましたが、顎のヒアルロン酸は量がいりますので、打ち続けるコストと比較すると断然プロテーゼが良いと考えての事です。

顎のプロテーゼ挿入前の写真

手術前

 

ヒアルロン酸が顎から無くなってしばらくした頃に手術を行いました。
局所麻酔のみで行いました。鼻同様顎も麻酔の痛みを感じやすい場所なので静脈麻酔で眠っている間に麻酔を終えてくれました。顎表面に三箇所、そして切開する部分である下の前歯茎と唇の付け根の境目のところにも麻酔を打ちます。

先生が切開をすると、口の中が血の味。流れた血液を取りながらの処置なのであまりダラダラっと血の中に広がることは無かったです。
プロテーゼを挿入するスペースを作るためにガリガリと組織を剥離していきます。若干まだ静脈麻酔のせいで頭がぼーーっとしていたので恐怖を感じませんでした。がーりーがーりーしーてーるーーーっと、頭の中で思考がぐるぐるまわっている感じでした。

骨に合わせて先生がプロテーゼを作成、顎に入れて出してを2回行って、縫合して終了です。約30分で終わりました。
あとはズレ無いようにしっかりと固定をして、マスクをして終了です。
帰宅途中に麻酔がきれてきて猛烈に痛くなったので処方された痛み止め、ロキソニンを飲みました。それ以降は痛みがなかったので1錠も飲んでいません。

ダウンタイムはちょっと辛かったです。しばらくは歯磨きが出来ませんのでイソジンでうがいのみ。硬いものが食べられないのでひたすらお粥。しゃべると異物感が感じられるのでなかなか上手にしゃべれませんでした。
縫合の糸は溶ける糸でしたので抜糸の必要はありませんでした。一週間後の検診の時に固定をはずしてもらいましたが、顎に何か入れましたーーーっという感じがとてもある、とんがった顎になっていてびっくり。

顎のプロテーゼをしてから一週間後

術後1週間経過

 

イメージと違う・・・っと、かなり凹みました。が、ここから約1ヶ月ほどかけて馴染んでいきました。自然になるまでに二ヶ月はかかったように思います。手術から8年経った今の顎がこちらです。

顎のプロテーゼ手術から8年経過

術後約8年経過

 

輪郭がシャープになったと思います。横からの写真はありませんが、鼻と顎を結ぶラインの内側に口が収まりますのでEラインを手に入れることが出来ました。
私はもともと面長なので、顎のプロテーゼを入れることでより面長になるのではっという不安がありましたが、そうならないように先生がうまいことプロテーゼを作って下さいました。

ヒアルロン酸と比べるとしっかりと効果が出せますので、印象をがらりと変えたい方にはこちらがおすすめです。

顎 シリコンプロテーゼ 利点とマイナス点

挿入するだけで顎が出せ、印象を大きく変えられますので、憧れのEラインがすぐに手に入ります。

しかし顎にプロテーゼを入れてから、やたら顎には気を使います。たとえば歯医者に行く時やエステでフェイシャルをやってもらう時は、ずれたらどうしようっという不安がいつも付きまとってきます。ずれることは、大きな事故にあわない限り無いのですが、不安はどうしてもぬぐえません。

また、形の合わないプロテーゼを入れることで顎の骨がどんどん侵食されていくっというリスクもあります。熟練した先生にお願いしましょう。

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美容の極み , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.