美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

美白効果の高い、お肌の漂白剤ハイドロキノンとは

お肌の漂白剤と言われている、シミや肝斑に効果のあるハイドロキノンで透明感のあるお肌に。

シミというのは、皮膚の一部にメラニン色素が異常に増えた状態の事を言います。
本来このメラニンは剥がれ落ちるはずなのですが、加齢によるターンオーバーの乱れ、遅れによってメラニンが残ったままになってしまっています。そもそもメラニンが増えてしまう原因のほとんどが紫外線ですから、日頃からUVケアは欠かせません。
また、メラニンが増えてしまうのは紫外線だけではありません。特に女性の場合ですと、ホルモンバランスが原因でお肌が敏感になり、その状態の時にお肌を擦るなどの外的刺激を与えてしまう事により、メラニンが活性してしまい、シミが出来てしまいます。

今はレーザー治療などでシミを消すことの出来る時代になっていますが、レーザー治療が苦手という方や、近くに美容クリニックがない場合は、美白効果のある化粧品やお薬などで地道にケアしていくしかありません。
シミに良く効く成分といえばビタミンC、APPS、ハイドロキノン、ルミキシルペプチド、リノール酸、コウジ酸などが有名です。どれも素晴らしい成分ではありますが、美容クリニックではハイドロキノンを処方するところが多いです。というのも、メラニンを抑え、美白作用が一番強く、多くの方に満足のいく結果を出しやすいからです。

お肌全体のトーンアップや、クスミ改善となるとビタミンCがおすすめですが、形がはっきりと分かるようなくっきりとしたシミにはやはりハイドロキノンが適していますし、ポイントのシミには最適の成分といえますね。
お肌の漂白剤と言われる位強力な美白作用を持っているハイドロキノンについて、もう少し掘り下げて説明したいと思います。
 

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンは、イチゴ類、麦芽、コーヒーなど、天然の食べ物に含まれている成分の一つです。還元作用がある事から、写真の現像に使われています。その際に、現像していた人のお肌が白くなったという事から、ハイドロキノンに美白作用があるという事が分かり、美容にも用いられるようになりました。

ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素を生成する酵素チロシナーゼの働きを抑制し、メラノサイト(メラニン色素を造る細胞のこと)の数を減少させる作用を持っています。一般的な美白成分に比べると約100倍の効果があると言われており、多くの美容皮膚科でシミの治療の選択肢の一つとして用いられています。
シミなどの予防だけではなく、既にできてしまったメラニンを還元する効果もありますので、あきらめていたくっきりとした輪郭を持つシミにも効果を発揮してくれます。

ハイドロキノンの効果
 

ハイドロキノンの安全性について

ハイドロキノンは美白効果の高い優秀な成分なのですが、残念な事にマイナス面も持っています。
ハイドロキノンはとても不安定な物質でして、水に溶かしただけですぐに酸化されてしまい、色が茶色変わってしまいます。

ハイドロキノンの変質

酸化してしまうと非常に毒性が強くなり、幼児が大量に誤飲すると亡くなってしまう位も威力を持っており大変危険です。日本でも以前は使用が禁止されていた位でして、今でもハイドロキノンを禁止している国が多く存在します。

しかし今では変質しにくいよう工夫が凝らしてあることが殆どです。
ハイドロキノンを安定型に改良したり、空気に触れないよう容器に工夫を凝らしたりなどして安全に使用できるようになっており、数年前のように不安を感じながら使うようなものではなくなりました。しかし、万が一の事を考え、クリニックで処方されるハイドロキノンに関しては3カ月使用しても効果を感じなかったら使用を止めるよう伝えているクリニックが多いです。

今では化粧品としてハイドロキノンを気軽に購入できるようになっていますが、化粧品の成分の中でも結構毒性の強いものになりますから、購入の際はハイドロキノンが安定化されて入っているかどうか、などの、商品の情報を下調べしてから購入した方が無難です。私は以前ネットでハイドロキノンの粉末を購入し、それを溶解して使ったことがありましたが、今考えるととても恐ろしい行為だったなぁと思います。
 

ハイドロキノンの副作用について

ハイドロキノンはトレチノインのような副作用がある場合があります。かぶれや赤みが生じたり、ヒリヒリとした刺激を感じることがあります。そういった副作用を減らすため、低刺激処方になっているハイドロキノンが今では沢山ありますので、色々試して選んでもいいでしょう。

また、怪しいハイドロキノンをネットなどで購入すると、まれに塗った部分が白く色が抜けてしまう白斑というのが生じることがありますので注意が必要です。
 

使用の際の注意事項

ハイドロキノンは熱や光に弱いので、使用後はしっかりと封をし、冷蔵庫などで保管しましょう。しっかりと保管をしないと効果が半減する恐れがあります。。

先述したように、今では空気に触れにくい容器になっていたり、成分自体が安定型になっているのでそこまで気を使う事は減りました。
しかし、昔ながらの皮膚科で軟膏容器に入った手作りのようなハイドロキノン軟膏については、取り扱いに御注意下さい。
また、頻繁に同じ部分に大量に使用する事で色素脱失がおき、白斑の原因になってしまうので気を付けて下さい。
 

おすすめのハイドロキノンクリーム

ハイドロキノンが安定しており、安全に使う事の出来るハイドロキノン化粧品としておすすめなのが、アンプルール

美白化粧品アンプルール


アルブチン、ハイドロキノンの2つの美容成分が24時間美白し続けてくれます。
敏感肌の私でも刺激を感じることなく使う事が出来ました。詳しい内容は過去記事の ハイドロキノン配合の美白化粧品でシミとさようなら:アンプルール  をお読みください。
 

投稿日:

Copyright© 美容の極み , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.