美容クリニックへ踏み出す前に

美容の極み

成長因子(グロスファクター) EGF・FGF

再生医療から生まれた成長因子EGF、FGF。細胞の増殖させコラーゲンを再構築。実際に医療でも使用されています。

 
 
くすみ、シワ、シミ、タルミなどのエイジングサインの他に、キズの治りの遅さ、ニキビ痕がなかなか消えない、蚊に刺された跡が消えない、など、若いころのお肌と何かが違う、そう感じることはありませんか?
私の場合ですと生理前にできるニキビの治りが20代の頃と比べると遅くなっていると感じますし、お肌の弾力、ハリ、表面のテクスチャーなど、明らかに変わってきていると感じています。
 

老化の原因は成長因子の減少

そういった老化サインは体内にあるEGF(上皮細胞増殖因子)やFGF(繊維芽細胞増殖因子)が減少している事と関係しています。特に20後半位になるとEGF、FGFの量が急激に減少してしまう事で細胞の再生力が弱くなってしまい、ダメージ修復力の低下、肌の生まれ変わりが遅れたりといった現象(ターンオーバーの遅れ)が肌に現れ始めてしまうのです。シワ、シミ、タルミ、毛穴の下垂、ニキビ、クマ、クスミなど、全ては肌内部のターンオーバーの遅れが原因です。
 
老化の方程式:成長因子減少=ターンオーバーの遅れ
 
EGF・FGFが失われることにより、私たちの肌は細胞レベルから弱り始めるのでこの成分を外から補充してあげる事がアンチエイジングケアにとって重要という事なのです。
 
成長因子は沢山の種類が存在されておりますが、この記事では主に化粧品や美容クリニックでの取り扱いが多いEGF、FGFについて触れていきます。
 

成長因子 EGFとは

成長因子EGFとは。人間が元々持っている新しい細胞の産生を促すペプチドの一つであり、上皮細胞増殖因子とも呼ばれています。
古い皮膚細胞を新しく生まれ変わらせる働きがあり、日本では主にアンチエイジング化粧品に配合されています。表皮の新陳代謝を早める作用がある事から、傷、ニキビの治りを早め、更にキズ跡やニキビ跡への修復能力もあります。火傷の治療や傷の回復促進などの目的で医療分野で活躍している成分でもあります。
一般的にEGFは20歳をピークに急激に減少し始め、40歳頃になると約3分の1の量に減少すると言われています。健康な若者の肌の再生周期(ターンオーバー)は、約24日~28日間ですが、25歳を過ぎた場合には28日から42日かかるというのもEGFが減少しているためだそうです。
 

成長因子 EGFの歴史

EGFはアメリカ合衆国の研究者であるスタンリー・コーエン博士により発見されました。この方は1986年にノーベル生理学・医学賞を受賞した経歴を持っています。発見当時は多くのEGFを抽出することが出来なかった為ごく限られた機関にだけ利用されていました。当然ながら美容の分野に使用する事は無く、私達一般人もその存在すら耳にする事はありませんでした。当時はとても高価な成分だったそうで、価格はなんと1gあたり8000万円もしたそうです。
 
その後研究が進み、抽出も昔に比べ容易になってきました。十数年の歳月を経てやっと2005年に厚生労働省より化粧品使用の認可がおり、EGFを配合したスキンケア製品が誕生する事となり、正式に全成分表示ヒトオリゴペプチド-1として登録されました。
 

成長因子 EGFマークとは

今ではこのEGFは様々な化粧品に配合されるようになり、身近な美容成分としての地位を確立しつつあります。しかし、ただ配合されていれば良いというもので無く、一定の品質と濃度をクリアする事でその効果を最大限発揮する事ができるのだそうです。
 
そこで日本EGF協会はEGFの品質と濃度の基準を設けており、その基準をクリアした商品にのみ認定シールを貼っています。
 

EGFマーク入りなら安心です

EGFマーク


 
しかしこのマークが付いていなくても高配合の化粧品はいくつか存在します。このような協会のマークを付けようと思うと製造方法に制限が起こり得る可能性があり、独自の理念を覆さない化粧品の製造を行っている所ではマークを付けたくても付けられないという事態にあったりします。かといって濃度が低い、品質が悪いなどではありませんのでご安心下さい。
 

成長因子 FGFとは

FGFもEGFと同じくグロスファクター、成長因子の一つです。違うところと言えば作用する場所が違うという事です。
 
成長因子FGFの作用。FGFは繊維芽細胞増殖因子と言われており、真皮層にある繊維芽細胞(コラーゲン)を増殖させる作用が確認されています。肌のハリや弾力を保つのに欠かせない成分でして、タルミやシワなどに深く関わりがあります。年齢と供にコラーゲンやエラスチンが減少していきますので、その減少を抑える為にも不可欠と言っても過言ではありません。
FGFは床ずれや火傷の治療として実際に医療現場でも使われていまして、フィブラストスプレーがその代表薬です。

美容クリニックでも大活躍のFGF

今では多くの美容クリニックのアンチエイジングメニューにおいて、この成長因子が用いられる頻度が高くなっています。

成長因子注射で若返り

 

FGF注射の写真です

成長因子FGF注射


 
私の働く美容クリニックで人気ナンバー1の治療がこちらの成長因子注射。FGFをお顔に細かく注射していくだけで、ゴルゴ線、マリオネットライン、法令線、こめかみのくぼみ、コケた頬など、気になっている部分がふっくらとし、肌自体が若返っていきます。ヒアルロン酸のように一時的に異物で盛り上げ目立たせなくするのではなく、お肌に若返りのスイッチを入れてあげるという感じでして元に戻ることはありません。ついでにお肌のキメも整ってきますので肌質向上にもなります。
 
(しかし残念な事に、一部の美容クリニックにおいて、PRP療法でこのFGF(フィブラストスプレー)を混ぜて注入し、結果しこりを残してしまったっという副作用も確認されています。)
 
私はこの治療をされた患者さんを何人もみているのですが、全ての患者さんに良い結果が出ており、皆さんとても満足されていました。
 

成長因子美容液の塗布

レーザー治療においてはEGF、FGFなどをお顔に塗布する事によりレーザー治療の効果が飛躍的に高くなりますので、レーザー治療後のアフターケアとして患者さんに家でも塗ってもらっています。
塗るのと注射で入れるのとでは効果に違いはございますが、日々のスキンケアに是非取り入れていただきたい成分です。
 

成長因子EGF、FGFのまとめ

EGF・・・表皮のターンオーバーの促進
 
EGFの作用
 
FGF・・・コラーゲン増殖
 
FGFの作用
 

成長因子EGF、FGF配合化粧品

アンチエイジング、傷、ニキビ跡のスキンケアとして是非成長因子EGF、FGFを使うことをお勧めします。同年代の人達と比べると明らかにお肌の質が違ってきますよ。私がダーマローラー、レーザー後のトリートメントとして使っているのがセルビック
 

成長因子の化粧品です。

セルビック化粧品


 



 
はじめての方はEGF、FGF両方をお得にお試しできるトライアルセットがお勧めです。この商品はお肌の細胞活性力を最大限に引き出す適正な配合量を配合している事により、NPO法人日本EGF協会の厳格な認定基準をクリアし認定を受けたました。なので効果と安全性においてとても信頼できます。
 
管理人の使用レポートはこちら → 再生医療の美容液:セルビック EGF、FGF

更新日:

Copyright© 美容の極み , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.